ぷっさん速報 プロレス・wweまとめブログ

ぷっさん(プロレス大好きおじさん)向けwwe・プロレス情報をまとめています

国内団体

1: 47の素敵な(東京都) (6級)
@
本当に武藤は天才。あと松井珠理奈は確かにいらない

@
松井珠理奈って嫌々プロレスの解説してんの?ってなくらい適当なコメントしてて毎回草。プロレスで食べていくんだったらもうちょい気の利いたコメントしてごらんよ、、、痛そうとかお風呂はいってアラームかけずに寝てはない😫 #noah_ghc

@
ノアも新日追い抜け追い越せなら、まずゲスト解説に山田邦子と松井珠理奈ハズした方が。前者は選手呼び捨てだし、後者は相変わらずただプロレスに乗っかってるだけだし、スゴ~い、だの痛そ~、だの、友達んちでTV観てる会話かよ、ギャラ貰ってんだろ?いい加減勉強しなさいよ。
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:: EXT was configured

56: 47の素敵な(東京都)
観客からも無視されてるしな
no title

引用元: ・https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/akb/1597204842/

【【悲報】松井珠理奈がプロレスファンから批判されてる】の続きを読む

1: 征夷大将軍 ★
潮崎豪と拳王、GHC2冠戦は60分フルタイムドロー「これがGHCだ。これがノアの闘いだ」…8・10横浜文体全成績

◆プロレスリング・ノア「NOAH the CHRONICLE vol.3」(10日、横浜文化体育館)観衆未発表
 プロレスリング・ノアは10日、旗揚げ20周年記念大会「NOAH the CHRONICLE vol.3」を開催した。
 メインイベントのGHCヘビー級王者の潮崎豪とGHCナショナル王者・拳王の2冠戦は、両王者が死力の限りを尽くし60分フルタイムドロー。潮崎が4度目、拳王は初防衛に成功した。

 1962年の開館から幾多の激闘を紡いできた横浜文体。58年の歴史を作った横浜を代表する闘いの殿堂は、施設の老朽化に伴い9月6日に閉館となる。数々の名勝負の舞台となった会場で潮崎と拳王が最後の伝説を刻み込んだ。
 2冠戦の開始を告げるゴングから、ノンストップの60分。気温30度を超える酷暑のリングでフルマラソンを全速力で駆け抜けた両者は、フルタイムのゴングが鳴った瞬間にあおむけに倒れた。肉体と気力を精魂かけて尽くした両雄へマスク着用で声が出せない観客からこの日、最大の拍手が注がれた。

 拳王は無言でリングを去った。残った潮崎がマイクを持って声を振り絞った。「これがGHCだ。これがノアの闘いだ」。そして続けた。「最後の文体。みんなに会えて俺たちは幸せです」。俺とは言わず「俺たち」と表現したところに、60分を戦い抜いた拳王への敬意と賛辞が含まれていた。
 潮崎のチョップ。拳王の蹴り。互いの得意技を存分に駆使した。潮崎の豪腕ラリアット、拳王のダイビングフットスタンプがさく裂し懸命に返すと、声を出せない観客は足で床を踏みならし興奮をあらわにした。

 残り時間が5分を切ると、驚異的なスタミナを両王者が発揮する。GHCヘビー級王者がムーンサルトプレスをすかされると、豪腕ラリアットをたたき込む。ナショナル王者がカウント1でキックダウンすると右ハイキックを顔面に入れた。両者ダウンも懸命に立ち上がる。最後は、拳王の張り手の連打を豪腕ラリアットで逆転した潮崎がムーンサルトでフォールにいった。カバーに入った瞬間にフルタイムのゴングが鳴った。横浜文体での60分フルタイムは、昭和時代の1988年8月8日、新日本プロレスのアントニオ猪木と藤波辰爾の一戦が今もファンの間で語り継がれるているが、あれから32年。同じ8月、令和2年の今、確かにノアの両王者がフルタイム伝説を継承した。
 バックステージで潮崎は流れる汗をぬぐおうともせず「これがGHCだ」とリング上と同じセリフを繰り返した。さらに「あいつとどちらが強い、そういう闘いをしたかった。でも、だんだんあのベルトが欲しくなってきた」と決着が付かなかったことで改めて2冠統一への意欲が芽生えたことも明かした。

 新型コロナウイルスでの緊急事態宣言の中でもテレビマッチで試合を続けたノア。GHC王者として団体を背負う男は「さらに進化させてこの歩みを絶対に止めさせない。加速させる」と前を見据えていた。
 8・10横浜文体大会の全成績は以下の通り。

 ▼GHCヘビー級&GHCナショナルダブル選手権試合60分1本勝負
GHCヘビー級選手権者・△潮崎豪(60分時間切れ引き分け)GHCナショナル選手権者・拳王△

 ▼スペシャルシングルマッチ60分1本勝負
〇武藤敬司(27分07秒、足4の字固め)清宮海斗●

 ▼6人タッグマッチ30分1本勝負
杉浦貴、〇桜庭和志、ケンドー・カシン(15分18秒、ローリングアームロック)マサ北宮、征矢学●、稲村愛輝

 ▼IPWジュニア・ヘビー級選手権試合60分1本勝負
〇挑戦者・HAYATA(ヘデック→片エビ固め)王者・原田大輔●

 ▼6人タッグマッチ30分1本勝負
〇丸藤正道、望月成晃、宮本裕向(15分40秒、真・虎王→片エビ固め)中嶋勝彦、谷口周平、モハメドヨネ●

 ▼6人タッグマッチ20分1本勝負
小峠篤司、大原はじめ、〇吉岡世起(11分01秒、飛びつき十字固め)鈴木鼓太郎●、小川良成、岡田欣也

 ▼タッグマッチ20分1本勝負
〇覇王、仁王(8分13秒、ジャックナイフ式エビ固め)タダスケ、YO―HEY●

スポーツ報知 2020.8.11
https://hochi.news/articles/20200810-OHT1T50207.html

引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1597117233/

F8F2BA30-46CE-409B-BA92-46354A119241
【【NOAH】潮崎豪と拳王、GHC2冠戦は60分フルタイムドロー「これがGHCだ。これがノアの闘いだ」…8/10横浜文体全成績】の続きを読む

1: 2019/08/25(日) 15:22:47.07
文芸・カルチャー 2019/8/25

『掃除屋 プロレス始末伝』(黒木あるじ/集英社)
no title


 プロレスが好きだというと「どこまでがヤラセなの?」と聞いてくる人が時々いる。いや、ヤラセなんかないよ、と言ってもいまいち信用してくれないのは、他の格闘技と違って勝ちの最短距離を狙わないからだろう。相手の技を「受ける」のがプロレスだし、跳ね返すことはあっても、逃げない。よけない。ときに相手と動きをあわせてアクロバティックなパフォーマンスをしてみせる。それを見て、真剣勝負ではない、と思うのかもしれないけれど、そうじゃない。

 私たちはプロレスを通じて、勝ち負け以上に闘う人たちの生き様を観ているのだ、ということが小説『掃除屋 プロレス始末伝』(黒木あるじ/集英社)を読むとわかる。

 主人公は、ベテランレスラーのピューマ藤戸。依頼のあった相手をリング上で制裁する「掃除屋」稼業に手を染める、いわゆる闇のレスラーだ。依頼にもよるが、相手に致命的な怪我を負わせながら、本人にも観客にも気づかせず巧妙に負ける。よほどの実力がなければできないことだが、彼が“まっとう”なプロレスをやめたのには理由があった。15年前、ライバルにして親友の鷹沢をシングルマッチでリングに沈め、いまなお意識が戻らないという現実――。

 鷹沢の娘の「人殺し」というセリフ、「殺す気がなければこんなことになるはずがない」とプロレスを知らない彼女に糾弾されて「それは違う!」と言いたくなるのは、藤戸だけではないだろう。

「やられ、倒され、ズタボロになって、それでも立ち上がる。客はどうやら其処に光を見るらしい。肝心なのは勝敗じゃねえ。敗北したあとにどう生きるかなんだろうな」と、ある依頼人に藤戸は言う。確かに藤戸は、依頼のあった相手を“掃除”する。だが、相手のレスラーとしての人生が終わるかどうかは、藤戸によっては決まらない。負けた先の光を見せられるかどうか、それは当人の生き様にかかっている。

 でも、だからこそ、相手が親友であろうとリングの上では手が抜けない。死ぬ気も殺す気もない、ただ自分たちの生き様をぶつけあう。それがプロレスだ。たとえ掃除屋という裏稼業に身をやつしてはいても、レフェリーから教えられたその信念は藤戸から消えていない。「俺は俺自身の意思で負けるのだ。希望も絶望も自分の手で掴むのだ」という彼の強い意思が、読む者の心をゆさぶる。これぞプロレスだ、と拳をつきあげたくなる。

 そんな彼を追うのが、ジャーナリストの海江田である。“真実”に執着する彼は、藤戸の所業が許せない。執拗に藤戸の近辺をかぎまわり試合を追う海江田には“正義”がある。だが、彼の言う真実とはなんだろう? 確かにプロレスには、客を楽しませるためのパフォーマンスが入る。だが、真実とは、演出や虚構の介入によって霧散するものだろうか? 命をかけた闘いは、それだけで“嘘”になってしまうのか?

 その答えが本書にはある。プロレスファンはもちろん、プロレスが何かも知らない読者にもぜひ手にとっていただき、リング上で語られる人生を目の当たりにしてほしい。

文=立花もも
https://ddnavi.com/review/559791/a/

この記事で紹介した書籍ほか


掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫)
作家: 黒木 あるじ 出版社: 集英社 発売日: 2019/07/19 ISBN: 9784087440041

【「プロレスってヤラセでしょ?」と思っている人に読んでほしい! 長州力も推薦する最上級のプロレス小説! リング上で語られる真実とは? 】の続きを読む

353: お前名無しだろ (ワッチョイ a5b9-Xusm)
やっぱりストリーや動きが出てくると面白いわ~
今日のメインが塩試合でも話題豊富

引用元: ・https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/wres/1594465813/

EBC92F85-5DE3-478F-9C29-42B65C6B0628
【やっぱストーリーが動き出すと面白いわ〜!【NJPW】】の続きを読む

1: 20/01/28(火)16:11:36 ID:4P3
何冊本出すねん

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1580195496/

911FC72B-8586-467C-AE2A-20CDAEBC80E5
【U.W.F.系とかいうプロレスジャンル】の続きを読む

このページのトップヘ