ぷっさん速報 プロレス・wweまとめブログ

ぷっさん(プロレス大好きおじさん)向けwwe・プロレス情報をまとめています

内藤哲也/LIJ

1: THE FURYφ ★
新日本プロレスの内藤哲也(38)が、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者EVILに報復を予告した。
「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)」離脱の意思は尊重しつつも「バレットクラブ(BC)」加入の手法を疑問視。
EVIL対高橋ヒロム(30)の2冠戦(25日、愛知県体育館)の結果にかかわらず、暗黒王への雪辱を最優先テーマに定めた。

大阪城決戦(12日)でEVILに敗れ、まさかの2冠王座陥落となった内藤に取材を申し込むと、いつも通りのファミレス招集がかかった
EVILの造反にも傷心した様子がないのは、LIJグッズのロイヤルティーが軍団員の減少により6分の1から5分の1になるから…では
もちろんない。「去る者は追わず」がスタンスだからだ。

「負けたことは悔しいし、寂しさと『なんでだ?』って思いはありますけど、彼の選択は尊重したい。今日現在、彼の行動は
正しかったんじゃないですか。何よりも欲しかった結果が出たわけですから」と淡々と振り返る。ただそれを肯定するかは別問題だ。

「後々この決断は後悔することになると思いますよ。俺にはLIJの4番手に甘んじていた現状から逃げたとしか見えなかった。
結果を残したのは素晴らしいことなんだけど、安易な方法に逃げてしまったかな」。セコンド介入など手段を選ばず結果を求めるのは、
LIJ結成当初の内藤も通ってきた道だ。それだけに「本当にそれでよかったの? なにか新しいものをつくるならまだしも、BCに入って
それをやっても結局は二番煎じ以下ですよ」と切り捨てる。

EVILはヒロムとのV1戦が決定済み。決戦前にEVILから造反をそそのかされたヒロムが動揺したことは気がかりではあるものの、
内藤はあえてそこには触れずに無言の信頼関係をのぞかせた。その上で「ヒロムが勝ったところで俺の気持ちは晴れないですよ。
そりゃどっちに勝ってほしいかっていうと同じユニットだし応援する気持ちは変わらないですけど、かたきを取ってくれって気持ちはない。
どっちが勝とうと、俺のEVILへの気持ちは変わらないです」ときっぱり。仮にヒロムが王座を奪取しても、2冠返り咲きよりリベンジを
優先する。

コロナ禍によりヒロムとの師弟対決が流れた経緯はあるが、内藤には自身主導でこれを実現させたい意向もある。「もしやる機会があるなら、
もう一回彼の名前を叫ぶ状況を自分でつくらないと。ヒロムが王者になったら、俺はG1(クライマックス)で優勝するとかですかね。
彼が勝ちました、彼から俺の名前を呼ばれる…は望んでいないですよ」と師匠の意地を示した。

言いたいことを言い終えると「とはいえ最初のパレハとして呼んだのはEVILなわけで…。彼なくしてLIJはなかったと…」と急に声を
震わせながら目元を押さえて「取材中に悪いね。顔、洗ってくるわ」と退席。だが一向に戻る気配はなく、テーブルには伝票だけが残された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e13adf429d4710962c6a1a300ce359dfc3a14527

画像
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200720-01994595-tospoweb-000-9-view.jpg

引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595215624/

【内藤哲也が東スポ記者をファミレスに招集 「EVILなくしてLIJはなかったと…」と急に声を震わせるPart2】の続きを読む

1: THE FURYφ ★
新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)が、「NEW JAPAN CUP(NJC)」決勝戦
(11日、大阪城ホール)進出を決めたオカダ・カズチカ(32)とEVILを徹底分析だ。パレハの「邪悪化」を歓迎した上で、翌12日
大阪城大会での初の同門王座戦実現に太鼓判を押した。

32選手が参加したNJCも残すところあと1試合。優勝者との防衛戦を控えた2冠王者に取材を申し込むと、やはりファミレスへの
招集がかかった。

開幕前から本命視していたEVILが決勝進出を決め、大阪城決戦初日ではオカダと頂点を争う。内藤は「僕の中では順当ですね、
ここまでは。逆のブロックではオカダの戦いぶり、充実具合というのが際立っているかな。32人の中で一歩も二歩も抜きんでている」と
見解を示した。

それでも「理想も予想も優勝はEVIL」と断言するのは、トーナメントでの戦いぶりにある。日に日に邪悪さを増す暗黒王は反則スレスレの
ラフファイトを展開。準決勝(3日)ではタッグパートナーのSANADA(32)に急所攻撃を見舞う非情ぶりを見せた。

この変貌ぶりについて「勝ちにこだわる姿勢、結果を求めているEVILというのはいいと思いますよ。僕がNJC優勝してIWGPを取った
2016年も、そのくらい必死でしたから。逆に言えば、そのくらいの貪欲さがないと今のオカダは倒せないと思います」ときっぱり。
セコンド介入などを駆使して一気に頂点をつかみ取った4年前の自身と重なるようだ。

さらに内藤の立場としても、王座戦の相手としては現在のEVILのスタンスのほうが好都合だという。「俺は2月の大阪城(KENTA戦)から
5か月間、シングルマッチができてないわけですからね。NJCに出ている選手のほうが肉体的なダメージはあるかもしれないけど、
試合勘、シングルのスタミナという点では不利は否めないでしょう」。コロナ禍により自粛期間を経たブランクは深刻な不安要素となっている。

それだけに「俺なりのやり方でタイトルマッチに向け調整していくけど。どちらが来たとしても、なりふり構っていられないのは、むしろ
俺のほうかもしれないしね」と不敵な笑み。いよいよ実現が見えてきた初の「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」同士の王座戦は
不穏な空気が充満してきた。

取材を終えた内藤は「なにやらツイッター、始めたらしいじゃないですか。せっかくやるなら『内藤くん』(ミニチュア人形)と一緒に写真を…
おっと、車の中にあるんだった。ちょっと取ってくるから待ってて」と言い残し駐車場へ。ところが一向に戻ってくる気配はなく、テーブルの
上には伝票だけが残された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d6fe8c0e998d7c86ea35b6f5755ac8fdf18eb37

画像
no title

no title

引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594028711/

【【内藤哲也②】東スポ記者をファミレスに招集 12日の2冠戦相手を徹底分析「理想も予想も優勝はEVIL」】の続きを読む

1: THE FURYφ ★
新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(38)が、「NEW JAPAN CUP(NJC)」決勝戦
(11日、大阪城ホール)進出を決めたオカダ・カズチカ(32)とEVILを徹底分析だ。パレハの「邪悪化」を歓迎した上で、翌12日
大阪城大会での初の同門王座戦実現に太鼓判を押した。

32選手が参加したNJCも残すところあと1試合。優勝者との防衛戦を控えた2冠王者に取材を申し込むと、やはりファミレスへの
招集がかかった。

開幕前から本命視していたEVILが決勝進出を決め、大阪城決戦初日ではオカダと頂点を争う。内藤は「僕の中では順当ですね、
ここまでは。逆のブロックではオカダの戦いぶり、充実具合というのが際立っているかな。32人の中で一歩も二歩も抜きんでている」と
見解を示した。

それでも「理想も予想も優勝はEVIL」と断言するのは、トーナメントでの戦いぶりにある。日に日に邪悪さを増す暗黒王は反則スレスレの
ラフファイトを展開。準決勝(3日)ではタッグパートナーのSANADA(32)に急所攻撃を見舞う非情ぶりを見せた。

この変貌ぶりについて「勝ちにこだわる姿勢、結果を求めているEVILというのはいいと思いますよ。僕がNJC優勝してIWGPを取った
2016年も、そのくらい必死でしたから。逆に言えば、そのくらいの貪欲さがないと今のオカダは倒せないと思います」ときっぱり。
セコンド介入などを駆使して一気に頂点をつかみ取った4年前の自身と重なるようだ。

さらに内藤の立場としても、王座戦の相手としては現在のEVILのスタンスのほうが好都合だという。「俺は2月の大阪城(KENTA戦)から
5か月間、シングルマッチができてないわけですからね。NJCに出ている選手のほうが肉体的なダメージはあるかもしれないけど、
試合勘、シングルのスタミナという点では不利は否めないでしょう」。コロナ禍により自粛期間を経たブランクは深刻な不安要素となっている。

それだけに「俺なりのやり方でタイトルマッチに向け調整していくけど。どちらが来たとしても、なりふり構っていられないのは、むしろ
俺のほうかもしれないしね」と不敵な笑み。いよいよ実現が見えてきた初の「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」同士の王座戦は
不穏な空気が充満してきた。

取材を終えた内藤は「なにやらツイッター、始めたらしいじゃないですか。せっかくやるなら『内藤くん』(ミニチュア人形)と一緒に写真を…
おっと、車の中にあるんだった。ちょっと取ってくるから待ってて」と言い残し駐車場へ。ところが一向に戻ってくる気配はなく、テーブルの
上には伝票だけが残された。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9d6fe8c0e998d7c86ea35b6f5755ac8fdf18eb37

画像
no title

no title

引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594028711/

【【プロレス/新日本】内藤哲也が東スポ記者をファミレスに招集 12日の2冠戦相手を徹底分析「理想も予想も優勝はEVIL」】の続きを読む

1: THE FURYφ ★
新型コロナウイルス禍により大会中止が続く新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠王者・内藤哲也(37)が、
不安な胸中を告白した。大会再開に向けたガイドラインなどが団体から定期的に発信されないことを問題視。IWGPタイトルに
義務付けられる「6か月以内」の防衛期限が迫ってきたことにも触れ、“最悪のケース”も想定しているという。

全国で緊急事態宣言が解除されてから1週間がたち、東京都の休業要請の緩和も「ステップ2」へ移行。これを受け、団体から
メディアとの対面取材の許可を得た内藤は本紙をファミレスに招集した。感染予防の観点から別々のテーブルで距離を保ち、
会話も最低限にとどめるという、もはや真の目的は飲食としか思えない非合理的な方法が取られた。

対面取材が解禁されたとはいえ、新日プロの興行再開は未定。5月13日にハロルド・ジョージ・メイ社長(56)がファンに動画メッセージを
送ったのを最後に公式見解は出されていない。

内藤は「あれはあれでよかったけど、なら1週間おきでもいいからその後も続けてほしかったですよね。こうなったらこうしますという
ガイドラインのようなものを出すとか。所属選手である僕でさえいつ再開されるか不安なんですから、楽しみに待ってくださっている
お客様はもっと不安だと思うので」と問題提起した。

さらには「いつから再開なのかという不安とともに、もう一つ不安があるんですよ。最後の防衛戦(2月9日の大阪城大会)からいよいよ
4か月ですからね」。王者の防衛期限は「6か月以内」と義務付けられており、その期限切れも懸念する。ただ、他のプロスポーツは
再開日程が続々決まり、新日プロの再始動も遠くないことが予想される。仮に期限が切れても緊急事態宣言の発令下だったことを
考慮すれば、“免責”の可能性が高いはずなのだが…。

何事にも疑い深い2冠王者は「分からないよ? 去年も台風で飛行機が飛ばなかっただけでベルト(US王座)を返上させられた王者
(ジョン・モクスリー)がいたからね」と不信の目を向ける。「だからこそ細かいところまでこまめにアナウンスしてほしいわけです。
このまま剥奪されるくらいなら、1回くらい他団体に行って防衛戦やっちゃうよ?」と“強行手段”もチラつかせ、団体に早急な今後の
方針発表を求めた。

言いたいことを言い終え、食後のコーヒーも飲み干した内藤は「密になってお店に迷惑がかからないよう、ドリンクバーも一人が
まとめて持ってくるようにしよう。悪いけどコーヒーのおかわりを持ってきてくれない?」と提案。戻ってくるとその姿はどこにもなく、
記者のテーブルの上には内藤の分もまとめた伝票だけが残されていた。 


【新日本の今後の対応】
新日本プロレスは2月26日の沖縄大会を最後に興行を中止している。

新型コロナウイルス禍でも世界最大団体の米WWEは無観客試合で活動を継続しており、国内でも無観客試合の配信を行う団体は多い。
そうした中で、ハロルド・ジョージ・メイ社長(56)は5月13日に団体公式ユーチューブチャンネルで、緊急事態宣言の発令中は無観客で
あっても試合を再開しない方針を掲げ「選手、スタッフを感染のリスクから守るため」「会場側から使用許可が下りない」「企業の社会的責任」の
3点を理由に挙げた。

一方で、緊急事態宣言の解除後に無観客試合を検討すると明言。その後は感染拡大防止措置を講じ、客席の間隔を空け「会場キャパシティーの
約半分」の状態で、観客を入れた形態の興行再開を目指す見通しを示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/11f6351031b1d0304978919531217e82dbcd78c4

画像
no title

引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591093799/

【【プロレス/新日本】内藤哲也が東スポ記者をファミレスに招集 ソーシャルディスタンスを取って取材に応じる】の続きを読む

1: 2020/05/16(土) 21:24:02.15 0
高橋ヒロムがコッソリ教える試合の勝ち方【選手は見ないでね】
https://www.youtube.com/watch?v=amPDXohWH8A



松浦亜弥が教えてくれたこと
no title



高橋ヒロム
1989年12月4日(30歳) 171cm 88kg
新日本プロレス所属
現IWGPジュニアヘビー級チャンピオン

引用元: ・https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1589631842/

【高橋ヒロム「俺にプロレスの戦い方を教えてくれたのは松浦亜弥」】の続きを読む

このページのトップヘ