2022年01月

    引用元: ・https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/wres/1643538311/

    9798235A-38B9-450A-95F6-B8398BCA03C5

    人気ブログランキング
    【NJCはオーカーンに期待⁉️など【今日の新日まとめ】】の続きを読む

    1: ID:CAP
    1/31(月) 6:05配信
    女性自身

    Copyright (C) 2022 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

    「制作発表前の昨年10月くらいからオーディションはしていたのですが、主役がなかなか決まりませんでした。

    最終的に、ドラマの企画・脚本を務める鈴木おさむさんの“鶴の一声”で、彼女に白羽の矢が立つことになったのです」(芸能事務所関係者)

    彼女とは、ゆりやんレトリィバァ(31)。昨年11月に製作が発表された女子プロレスラー・ダンプ松本(61)の半生を描くNetflixドラマ『極悪女王』の主演をゆりやんが務めるという情報を、本誌はキャッチした。

    ゆりやんといえば、2018年末からダイエットに取り組み、最大時で110キロあった体重から45キロも減量したことで話題になった。

    「最近は下着ブランドのイメージキャラクターに選ばれるなど、痩せたことを生かした仕事を増やしています」(スポーツ紙記者)

    彼女が演じるダンプ松本は、チームユニット『極悪同盟』の中心メンバーとして、1980年代の女子プロレスブームをけん引した“人気悪役”だ。暴走族風の派手な衣装に身を包み、リング上で竹刀を振り回して“悪の限り”を尽くす姿に、多くのファンが熱狂した。

    全盛期の体重が115キロほどの巨体だったダンプを演じるにあたり、せっかく痩せたゆりやんに“ダンプ松本化指令”が――。

    「現役時代のダンプさんに近づくため、ゆりやんさんにはダイエット前の体重、つまり50キロほど増量してもらう必要があります。

    さすがの彼女も最初は呆然としたようですが、“また痩せられる”という自信もあるから、オファーを受けたのでしょう。撮影は夏に始まりますが、レスラーを務めるキャスト全員を、レスラーらしく筋肉をつけながら、半年かけて太らせていく予定です」(制作会社関係者)

    そんなゆりやんへ、悪役らしからぬ優しい口調で、ダンプ松本本人がこうエールを送る。

    「まだ正式に主演が誰とは聞いていないのですが、昨年10月に開いた私の還暦記念大会に、(鈴木)おさむちゃんとゆりやんちゃんの2人が見に来てくれてたんです。

    そのときに、『ゆりやんちゃんが私の役をやるのかな』って、漠然と思いましたね。実際に決まって、私はうれしいですよ! また太るのは大変だろうけど、前も太ってたし、きっと大丈夫(笑)。

    ゆりやんちゃんには、ファンからも嫌われるほどの“悪”になりきってほしい。恥ずかしがらず、自分で見ても『コイツ嫌だな』と思うくらい頑張ってほしいです」

    果たしてゆりやんは、“悪を極める”ことができるのか――。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220131-00010001-jisin-000-7-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f0e455bd7c17a3a90c7b2f1baba315ff0ff5c9a7

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1643582027/

    787D27E5-20E6-4129-81A8-91E1BAF4E2A1
    【【芸能】ゆりやん ダンプ松本役でドラマ主演内定!】の続きを読む

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1643590053/

    no title
    【【テレビ】新庄剛志、プロレスに疑問「相手の選手と打ち合わせは?」 長州力「動きはだいたい定まってます」 ②】の続きを読む

    引用元: ・https://medaka.5ch.net/test/read.cgi/wres/1643538311/

    24A28E9F-4698-417D-AA8E-8E245E6E1177
    【まだ先の話だけど旗揚げ記念日ってこのままだと…【今日の新日まとめ】】の続きを読む

    1: ID:CAP
    1/31(月) 7:10配信
    スポーツ報知

     元参院議員でプロレスラーの大仁田厚が31日、自身のツイッターを更新。1999年1月31日に亡くなったジャイアント馬場さん(享年61)を偲んだ。

     1973年に入門した全日本プロレス所属時代に馬場さんの付き人を務めた経験を持つ大仁田。この日、馬場さんとのツーショットなど思い出深いモノクロ写真を数点貼り付けると、「今日は馬場さんの命日」というハッシュタグのもとツイート。

     「付き人時代の俺は試合用のパンツを忘れて外人控室からパンツを盗み馬場さんにはかせたり歴代の付き人の中で1番出来の悪い付き人だっただろう」と振り返ると、「だけど1番可愛がってもらった付き人だったと自負してるのだ 今でも思い出す馬場さんとの思い出 馬場さん今でも大好きです」と、しみじみと続けていた。

    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220131-01311012-sph-000-1-view.jpg
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9ec78a96cae3b48b2c0f394dbee00aa0c4a3b801

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1643581481/

    no title
    【【大仁田厚】ジャイアント馬場さんの命日にしみじみ】の続きを読む

    このページのトップヘ