1: ID:CAP
4/22(金) 5:15配信
東スポWeb

壮大な計画をぶち上げた大仁田(東スポWeb)

 プロレスで世界平和じゃ! 邪道・大仁田厚(64)が、新たな目標にウクライナでのプロレス興行開催をぶち上げた。ロシアから侵攻を受けているウクライナの情勢を憂慮する邪道は、戦争で傷ついた子供たちのために現地に赴く意向を表明。20年前には戦禍のアフガニスタンで試合を行ったことがあり、再び強い使命感を胸に異国のリングに上がる。

 春の訪れとともに、邪道の活動が活発になってきた。国内では今年、2月6日大仁田興行の1戦のみリングに上がっていた大仁田だが、3月は米国マットに参戦。4月末から5月にかけて国内で3試合の電流爆破マッチを行う。

 米国での試合を「出た試合は全部メインで、観客の反応もよかった」と手応えを強調。「そのおかげか、今度は英国のプロモーターからも話が来たんだよ。まだどうするか決めてないけど、初めて英国で試合をするかもしれない」と明かした上で「せっかくだから英国で爆破もいいよな。ロンドン橋で戦いたい。そうだ、『ロンドン橋爆破』じゃ!」と息巻いた。

 海外の話になるとやたらとテンションの高い邪道だが、途端に声のトーンを変えて「それよりも今、本当に行きたい国があるんだ」と口にしたのがロシアからの侵攻を受けているウクライナだ。

「いろんな情報はあるけど、あの場所で悲惨なことが起きているのは間違いないわけだから。戦争が落ち着いたら、すぐにでも行きたい。そこでプロレスをやって、みんなに元気になってほしい。子供たちにはプロレス教室を開催したりね。ただし、ウクライナでは電流爆破はやりません」

 参院議員時代の2002年9月にはアフガニスタンの首都・カブールを訪問し試合を行った。当時は前年に米国同時多発テロが起き、アフガニスタン情勢が混迷を極めている時期。米国の軍事介入によりタリバン政権が崩壊した直後だったが、当時も「子供たちを元気づけたい」との一心で訪問を実現させた。

 大仁田は「僕の知人に、ウクライナの駐日大使(セルギー・コルスンスキー氏)と知り合いの人がいるんです。そういうつながりも生かし、平和になったらウクライナに行ってプロレスがしたい。こういうのはあれだけど、僕の使命ってそういうことなんじゃないかって」と訴えた。

 ロンドン橋爆破を宣言したかと思えば、ウクライナでの平和を願う――これぞ邪道の真骨頂だ。再始動とともに世界を股にかけて暴れ回る予定で、2022年もあちらこちらで話題を振りまきそうだ。

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220422-04144094-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/21db6e6c87591ed657a68adf798d03c3a74a3fd6

引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1650578013/

no title
7: ID:BFxPSM8G0
これは猪木の後継者

10: ID:M5CnrzI90
ウクライナ人「電流爆破?いやいや現実のほうがすげーことやってまっせ?w」

11: ID:9VFvAmIz0
千羽鶴レスラー爆誕!

12: ID:lnfR8G7Q0
是非マリウポリに行ってほしい

13: ID:Bc/qhaw30
プロレス外交復活かよ

14: ID:KDo3kqle0
空爆デスマッチじゃあ!

15: ID:gp6Rittn0
ロシア軍団がヒールで大仁田が電流爆破マッチで勝つのか?

16: ID:Cu+DzMr30
元気づく勢いで戦意高揚しちゃうんとちゃう?

18: ID:A1DTukXm0
ロシア軍服着てるやつと戦うのか?

24: ID:fde1nS9s0
プーチンと電流爆破やってこいよ

26: ID:N13xAO3X0
ターザン山本「これぞ邪道出家ですよおおおおお!!!」

29: ID:l03y6/qO0
引退したはずでは?

30: ID:6KE0F2TX0
逆にトラウマになりそう


人気ブログランキング