ぷっさん速報 プロレス・wweまとめブログ

ぷっさん(プロレス大好きおじさん)向けwwe・プロレス情報をまとめています

    格闘系

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします ID:2a4gir450
    あとは?

    引用元: ・https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1596482003/

    C5AB939A-1E38-4CE2-8290-D60921F8D1EC

    人気ブログランキング
    【三大名勝負製造機格闘家、ドン・フライ、マーク・ハント】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し ID:YKWwCCEb0
    コロナが怖いので休場したいと言ったらクビになった力士が貴闘力のYouTubeチャンネルに出て
    事の顛末を話してた

    入門後に心臓の手術をした経験があるから感染したら重症化のリスクがあるので休場したいと親方に言ったら
    出場しないなら辞めろと言われ出た
    それで辞めると言ったらすぐに断髪式されて部屋を放り出されたらしい

    横で貴闘力があまりにも酷いと泣きながら怒ってたわ
    真面目でおとなしそうな力士だったからかわいそうになっちゃった��

    203: 風吹けば名無し 2021/01/10(日) 21:39:11.31
    >>1
    no title

    【緊急配信】
    コロナ怖い 引退力士が思い告白!貴闘力も涙!
    https:///youtu.be/6sVKUu_oPjc



    引用元: ・https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1610280642/


    人気ブログランキング
    【コロナ怖い相撲力士「心臓の手術経験があるから休場したいと言ったら引退させられた」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し ID:QSE5Jh+F0
    no title

    no title



    フランシス・ガヌー
    身長194センチ、体重118キロ
    総合格闘技で直近5試合全てで1RKO勝ちを収めている
    パンチ力の測定で世界記録を更新しており、
    ファミリーカーで跳ねられるのと同等のパンチ力を持つ

    引用元: ・https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1602221985/


    人気ブログランキング
    【【画像あり】現在、世界一喧嘩が強い男がこちら】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします
    グレイシー一族の長のエリオグレイシーが尊敬してやまない人が木村政彦
    木村政彦は柔道史の中で1番強いとされてる人
    木村政彦とエリオは実際に戦ってエリオは負ける
    木村政彦は当時人気があったプロレスに出る
    そして戦った相手が力道山
    木村政彦は当時病気の奥さんが居てお金がどうしても必要で負け試合をやるんだけど力道山は流れ無視して木村政彦をボコボコにする
    それを見た人達は木村政彦弱いみたいな流れになる
    そして柔道史から消される
    それを知ったエリオは日本のプロレスが嫌いになる
    だからあんなに頑なにプロレスラーと戦ったんだと思う


    あくまで憶測ですけど

    引用元: ・https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1596958090/

    pro_wrestler_backdrop
    【何でグレイシー一族がPRIDEに出たりプロレスラーと戦ったのか】の続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ ID:CAP
    11/29(日) 14:52配信
    スポニチアネックス

    マイク・タイソン氏(AP)

     プロボクシングの元統一世界ヘビー級王者マイク・タイソン氏(54=米国)と元世界4階級制覇の元4階級制覇王者ロイ・ジョーンズ・ジュニア氏氏(51=同)のヘビー級エキシビションマッチが28日(日本時間29日)、米ロサンゼルスのステープルズ・センターで行われ、WBC元王者による採点で引き分けと判定された。

     レジェンド2人の夢の対決は、内容的にはタイソン氏の“圧勝”だった。「パンチをガンガン出す」と予告していた通り、立ち上がりから積極的に攻め続けた。序盤は足を使って左ジャブをヒットさせる場面もあったジョーンズ氏だが、タイソンのスピードに圧倒され、クリンチに逃れる場面が増え、ダウンシーンはないまま、規定の8回を終えた。

     ドローという結果にタイソン氏は「それで良いですよ。みんなが喜んでくれたなら、それでいいです」と笑顔。一方のジョーンズは「彼のパンチは本当にすごかった。ボディーが効いて体力が奪われた。やろうとしたことができなかった」と、まるで敗者の弁。両雄は最後まで戦い抜いたことを互いに称え合った。

     タイソン氏は2005年6月のケビン・マクブライド(アイルランド)戦以来、15年5カ月ぶりのリング復帰。ジョーンズ氏は2年9カ月ぶりのリング復帰だった。

     なお、セミファイナルでは人気ユーチューバーのジェイク・ポール(23=米国)が元NBA選手のネイト・ロビンソン(36=同)から3度のダウンを奪い、2回1分35秒KO勝ち。戦績を2戦2勝2KOとした。

    https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201129-00000171-spnannex-000-2-view.jpg?w=543&h=640&q=90&exp=10800&pri=l

    https://news.yahoo.co.jp/articles/573aee0dd198042be0de5aad8bd29502d20735a4

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1606629900/

    4C037C26-E20A-41B0-A790-E4FD0283FDFC

    人気ブログランキング
    【【ボクシング】レジェンド2人の夢の対決はドロー【マイク・タイソン】】の続きを読む

    このページのトップヘ