東スポ

    1: ID:CAP
     新日本プロレスの「G1クライマックス」を終えたグレート―O―カーンの独占インタビューに世界最速で成功した。Aブロック最終公式戦(18日、横浜武道館)で対戦予定だった内藤哲也が負傷欠場となったため、オーカーンは出場20選手の中で誰よりも早く全公式戦を終了。初出場のG1で4勝5敗だった余が何を思い、どんな未来を見据えるのか、心して聞くがよい――。

     ――初出場のG1は4勝5敗という結果に…

     オーカーン(以下・余) 待て。貴様、なに普通にインタビューを始めようとしておる。余へのG1中の侮辱記事は許しておらんぞ! 異世界に転生させてやる! せめて女神にチート能力もらえるように祈っておけ!

     ――無礼をお許しください。必ずや今後の記事で挽回いたします。G1はいかがでしたか

     余 ふむ。しかし優勝決定戦(21日、日本武道館)で勝たねば、リーグ戦全勝も意味がない。優勝と準優勝では天と地の違いがあるからの。

     ――いや、後半の5連敗で敗退が決定してます

     余 5連敗? …内容的には優勢だったと思うし、どこぞの記者のように愚民どもも手のひら返しさせてやったじゃろ。勝って一面に載るのは当たり前、負けて一面に載ってこそ一流というものじゃ。G1前に目標は「負けること」と言ったが、その目標も達成できたわけじゃな。

     ――達成しすぎて負け越しては本末転倒だ

     余 余を、中央を無礼(なめ)るなよ。能ある鷹は爪を隠す。引き出しの多さを見せつけることを優先したまで。ゆえに余の試合と出会えてアンタの人生、面白くなっただろ? まぁ、貴様じゃ分からないか、この領域(レベル)の話は。

     ――無礼をお許しください。G1の総括を

     余 最近はEVILのせいで新日本がつまらんとか騒いでる愚民もおるようじゃが、EVILの戦い自体は否定せぬ。ここは戦いのワンダーランドじゃから、いろいろな戦い方があってよい。アグネスデジタル並みのオールラウンダーとして、余一人でいろいろ戦い方を見せてやったが、ザック(セイバーJr.)、飯伏(幸太)とのヒリついた試合は、新日本にまだストロングスタイルが生きていると知らしめてやったと自負しておる。

     ――2試合とも負けているが…

     余 ザックとの試合ではほんの一瞬のスキが生じてしまっただけで、飯伏との試合ではタックルにラッキーなニーが入っただけじゃ。それ以外は余が支配していたのだから、ほぼほぼ余が勝ったようなものじゃろ。最終的に…勝てばよかろうなのだァァァァッ!

     ――…。ところで内藤欠場は残念だったのでは

     余 うむ。本来であれば横浜でオッズ1番人気のヤツを処して余が1番人気になる予定だったからな。勝敗に関しても大丈夫でしょ、だって彼弱いもん。

     ――代わりに小島聡とのシングル戦が組まれた

     余 大丈夫、僕、最強だから。ヤツも老いたとはいえIWGP・3冠同時戴冠を果たした男。ヤツとの試合でも内容で、他のG1公式戦を食ってやろうと考えておる。貴様にも贖罪のチャンスを与えよう。余の勝利を公式戦以上に大々的に報じるのじゃ!

     ――もちろんでございます。一方でBブロックでは帝国の盟友ジェフ・コブが絶好調だ

     余 帝国入りを果たしたこと、そして余とタッグを組んでいたおかげで新日本の戦いに慣れたことで力が解放された。特筆すべきは最後までスープレックスのパワーが落ちないところじゃろうな。

     ――全勝優勝も見えている

     余 コブもIWGP世界ヘビー級王者になったら、ぜひ余とやりたいと約束してくれておる。その約束を果たしたいという思いが原動力になっておるはずじゃ。来年の1月4日東京ドームでコブがベルトを取る。そしてその翌日のドームのメインで余とコブが戦うのが帝国による支配計画じゃ。大型ヘビー級アマレス猛者決戦………テーマパークに来たみたいだぜ、テンション上がるなぁ。

     ――本当だったら内藤にも負けて3勝6敗だったと思うが、僥倖の4勝5敗から来年のG1には王者として参戦すると。思い返せば鷹木信悟も昨年は4勝5敗でした

     余 き、き、貴様! …なかなかいいことに気づくではないか。そうじゃ、データ的には来年は余が王者として参戦することが決まっているようなもの。以降は毎年全勝優勝を果たすことも確定事項じゃ。余がG1を支配するその前に! ひれ伏せっ愚民ども!

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3e3885052b158c2567789d6a8533d385d70f4008

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634357378/

    BA8DDB1A-7CC9-4211-B6DB-578F423FF6BF

    人気ブログランキング
    【【東スポ】グレート―O―カーンの独占インタビューに世界最速で成功した!】の続きを読む

    1: ID:8WRl
    【東京女子】アジャコング バレンティンの胸中を代弁「もう一回言うけど、私、バレンティンじゃねえよ!」

    ――SNSでの注目発言から引退報道が出るなど、進退に注目が集まっている

    アジャコング(以下・アジャ) は?

     ――ソフトバンクから…

    アジャ もう一回言うけど、私、バレンティンじゃねえよ!

     ――今オフ退団が濃厚。このまま引退の可能性もあるとか

    アジャ そうなんですか。「はええな、オイ」って感じですね。最近ね、ヤクルトからソフトバンク移ってからあんまり活躍を聞かなかったので。

    ――現役続行を希望しているとのことだが

    アジャ どこかがぜひ、取っていただけるなら取っていただいて。もうひと花だけ咲かせてから、花道を飾ってほしいですね、似た者同士としては。
    できればこのまま終わってしまうのではなく、最後に大暴れしてバカスカ打って、惜しまれて辞めてほしいと思います。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/3691336/

    引用元: ・https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1634197341/

    787D27E5-20E6-4129-81A8-91E1BAF4E2A1

    人気ブログランキング
    【【東スポ】アジャコングさん、バレンティンの去就について聞かれ「私じゃねーよ!」】の続きを読む

    1: ID:CAP
    新日本プロレス13日仙台大会「G1クライマックス」Aブロック公式戦で、グレート―O―カーンがIWGP世界ヘビー級王者・
    鷹木信悟(38)に言語道断の大惨敗。文字通り竜頭蛇尾の5連敗で全公式戦を終了し、同時にレスラー生命も終了の
    危機に陥った。

    ずうずうしくも最高峰リーグ戦に乗り込んできてしまった井の中の蛙は、開幕から4連勝後の4連敗であっさり貯金を
    吐き出し優勝決定戦(21日、日本武道館)進出の可能性が消滅した。もっとも4勝と言っても内訳は内藤哲也の
    負傷欠場に伴う不戦勝とダブル役満級大僥倖ばかりの3勝なので、事実上は全敗同然。しかも最終公式戦は
    現王者・鷹木とあって、いよいよ老若男女に嫌われ続けたオーカーンも年貢の納め時との見方が圧倒的多数であった。

    ところがここでまたもオーカーンにロイヤルストレートフラッシュ級幸運が舞い込む。前戦で鷹木が脇腹を負傷し、
    テーピング姿で現れたのだ。オーカーンの公私にわたる卑しさは、このたび発表された「都道府県魅力度ランキング」で
    群馬県を昨年の40位から44位に下落させた元凶と一部でささやかれている。背後に回ってのベアハッグや、鷹木の
    脇腹をコーナーやトップロープに叩きつけるという、相手の負傷に付け込むスポーツマンシップのかけらもない攻撃は、
    オーカーンが見た目も中身も醜悪であることを改めて証明していた。

    火事場泥棒的猛攻を続けるオーカーンは、誰も望んでいない新型「大空スバル式羊殺しホロバージョン」まで初披露。
    自身がファンだからと言って感情を先走らせ、相手方のイメージダウンなどお構いなしに人気Vtuverの知名度に
    便乗しまくる意地汚い根性は、もう一生治ることはないと思われる。

    しかしそこまでして勝てないのだから、もはや悲劇だ。バカの一つ覚えのエリミネーターはとっくに見切られているのに、
    何度も試みる学習能力のなさはもう哀れすぎて見ていられない。回避され背後に回られると、ドラゴンスープレックスから
    スライディング式エルボー、さらにはパンピングボンバーと、鷹木の波状攻撃の前に成す術もなし。ラスト・オブ・ザ・ドラゴンで
    問答無用の3カウントを奪われた。技術、体力、精神力、ハツラツさ、男気、経済力すべてにおいて完敗だった。

    試合後は「分かり切っとるわ、ボケ。レスラーはリング上がすべてだ。余がリング外でやってること、そんなもん全部オマケだ。
    知ってる。だが余はたとえオマケだろうと手は抜かん主義じゃ。新日本プロレスを、グレート―O―カーンを知らん愚民に、
    1人でも多くの愚民に知らせるためだ」と、予防線を張りながらもまるでリング外の活動を評価してもらいたそうな口ぶり。
    いわゆる「構ってちゃん」という人種なのだろうが、この風貌でその性格はちょっと受け入れがたい。

    とっくに馬脚を現しているにもかかわらず最後まで格好だけはつけたいのか「それができるのは余だけだ。だから好きでもねえ
    プロレスに命張ってんだろ! そして、本当に言いたいことは、このG1のリングの上で言い切った。まあ、負け犬の遠吠えだ、
    今はな…」と、鳥肌不可避のコメントを残しオーカーンのG1は幕を閉じた。実力者相手に予想以上の好勝負を展開した
    一面もあるにはあったが、プロレスが好きでもないなら別にいつ辞めてもらっても構わないというのが団体側の本音だろう。
    来年1月の契約更改で戦力外通告を言い渡される可能性が浮上したと言っても過言ではない気がする。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9c7789e6a34d632a2232f1a950fe42afbf8e426e

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634172045/

    93F169F8-ADE4-4BD8-BEA4-63EAC663A30F

    人気ブログランキング
    【【東スポ】グレート―O―カーンが鷹木に引導渡され哀れ終戦。群馬県の魅力を下落させた元凶との見方も】の続きを読む

    1: ID:CAP
    新日本プロレス9日大阪大会「G1クライマックス」Aブロック公式戦で、グレート―O―カーンが飯伏幸太(39)に
    4敗目を喫し、優勝の可能性が消滅した。

    分不相応な扱いで連日報道され、結果的に晒し者となったオーカーンはある意味で気の毒な存在だった。
    必要以上に取り上げてきた本サイトがどうかしていたとしか思えない。試合後のオーカーンは鼻血を流していた。
    本当にお疲れさまでした。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/572fa98c2c038686382dd7b2721268c47ca3d71f

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1633787468/

    BA8DDB1A-7CC9-4211-B6DB-578F423FF6BF

    人気ブログランキング
    【【東スポ】グレート―O―カーン、G1敗退決定!「本サイトがどうかしていたとしか思えない。」】の続きを読む

    1: ID:CAP
    新日本プロレス7日広島大会「G1クライマックス」Aブロック公式戦で、グレート―O―カーンが石井智宏(45)に惨敗。
    「いきなり!ステーキ」級の急失速で3連敗となった。

    初出場が叶っただけでも大僥倖のオーカーンは、不戦勝を含む開幕4連勝という奇跡に次ぐ奇跡を巻き起こし、来世が
    心配になるレベルで運を消耗した。とはいえその後は本来の実力通り2連敗を喫しており、残り全敗で竜頭蛇尾に
    終わることが確実視されている。

    オーカーンがメインに登場するのは今シリーズ初めてのことだ。清潔感の欠片もないむさくるしいヒゲを伸ばした
    メインイベンターがリングに上がると、心なしか会場はゲンナリ。内藤哲也の負傷欠場がいかに痛手だったのかを
    如実に表しており、広島のファンには同情を禁じ得ない。

    せめてもの救いは石井と一歩も引かない真っ向勝負を繰り広げたことだ。チョップ合戦からモンゴリアンチョップを
    繰り出した際の奇声は耳障りだったが、奇怪なポーズからのチョップをかわされてバックドロップで投げ飛ばされると
    胸のすく思いがした。

    諦めが悪すぎるオーカーンは実力以上のものを発揮し一進一退の攻防を展開。売名目的で人気Vtuverにあやかった
    羊頭狗肉の大空スバル式羊殺し、猿真似のTTDを繰り出すが当然3カウントは奪えない。ならばと馬鹿の一つ覚えのように
    無為無策のエリミネーターを何度も狙うが、百戦錬磨の石井にはことごとく回避される。創意工夫が足りないのか、
    それとももともとの頭が足りないのか…。切り返し合戦から延髄蹴りを浴びると、強烈なラリアートでダウン。
    最後は垂直落下式ブレーンバスターで3カウントを奪われた。パワー、スタミナ、経験、知性、人格、男らしさ全てにおいて
    完敗だった。

    試合後のオーカーンはついに意気消沈したのかノーコメントで逃走。戦前はSNSで「ここからメインイベント3連戦。
    肘でも肩でも膝でも持っていけ。だが、勝利だけは余が貰う。かかってこい、運命」などと虫唾が走る投稿をしていたが、
    もはや惨めすぎて見ていられない。残り2戦は前年度覇者・飯伏幸太にIWGP世界王者・鷹木信悟が相手で万に一つも
    勝ち目がないため、本来なら出場辞退が妥当な判断。3大会も連続メインでオーカーンに恥の上塗りをさせる新日本は、
    世界一の鬼畜団体と言っても過言ではない気がする。

    というかよくよく考えれば本サイトも、他メディアがほとんど記事にしない不人気選手の代表格を、何が悲しくてこんなにも
    熱心に報じているのだろう。オーカーンに対する過熱気味な報道のあり方について、見つめ直す時期に来ているのかもしれない。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/dd4d477293bceac2bd1b5ba1d868a22aa43b3cab

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1633654232/

    BA8DDB1A-7CC9-4211-B6DB-578F423FF6BF

    人気ブログランキング
    【【東スポ】グレート―O―カーン が惨敗、「いきなり!ステーキ」級の急失速で3連敗となった。】の続きを読む

    このページのトップヘ