東スポ

    1: ID:CAP
     新日本プロレスを支配する「ユナイテッド・エンパイア」のグレート―O―カーンの独占インタビューにまたもや成功した。「NEW JAPAN CUP(NJC)」は同盟者のウィル・オスプレイ(27)が制し、4日の両国国技館大会でIWGP世界ヘビー級王者・飯伏幸太(38)に挑戦する。自身も1回戦で昨年度東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞MVPの内藤哲也(38)を撃破するなど帝国の勢いは加速するばかり。時代に取り残されたくなければ、余の声を聞くがいい――。

     ――プエルトリコで亡くなったはずでは…

     オーカーン(以下・余) 貴様、余をブルーザー・ブロディと見間違えておりゃせんか? 確かに矢野(通)との戦いで弁髪を切ることになってしまったが…後悔などみじんもない。シャンプーの案件が来そうな髪形じゃしな。えっ? 触りたい!? い、いくらすごいモフモフだからって、高級コンディショナーも使っててめっちゃいいにおいだって言っても、そんないきなりは…ちょっとだけじゃよ? 良きにはからえ。

     ――無礼をお許しください。トーナメントのNJCはオスプレイが見事に制覇した

     余 Nカップを支配するのは同盟者の誰かと言ったであろう。1月6日に言ったことを覚えておるか? 愚民どもはゼンパイアなどとツバを吐きかけていたが、なんと見る目のないことよ。まあ、あの(1月東京ドーム大会の)全敗のおかげで超感動大作ドラマになった。「盾の勇者の成り上がり」みたいじゃない?

     ――オーカーン様も内藤から見事に大金星

     余 無礼者! あんな雑魚に勝ったくらいで大金星? 余をナメるでない! 大阪城(2月)でも棚橋(弘至)が丸め込みなどと姑息なマネをするから不覚を喫してしまったが、余がNEVER王者を超える実力だと証明したであろうが。内藤に勝ったことは至極順当な結果である。

     ――無礼をお許しください。相手の負傷箇所のヒザを容赦なく攻めてのレフェリーストップ勝ち

     余 しかり。試合を止めるのがあと1秒遅れていたら、ヤツの脚の骨は粉砕骨折だった。そもそも内藤など弱すぎて話にならん。内藤に勝った余は次の矢野に、矢野はその次のEVILに、EVILはその次の鷹木信悟に、鷹木は決勝でオスプレイに負けておる。事実上最弱じゃろがい。

     ――内藤を下げようとするあまり自分まで踏み台になっているが…

     余 負けは弱さの証明ですか? 余にとって負けは試練なんじゃないんですか? だが、勝負づけが済んだ内藤にならどんな状況で何度やっても結果は変わらん。余は器が大きいゆえ、ヤツが土下座するなら再戦を考えてやらんこともないぞ。

     ――なんと寛大な…

     余 1回だけでは足りぬ。何度も何度も蹂躙しいたぶり、心の底から挫折させてやるのが楽しいのではないか。グヘヘ。

     ――両国でもLIJと対戦。6人タッグ戦で新戦力「X」を投入する

     余 ヤツは…おそらく2年前の地獄を見てきた者だ、面構えが違う。復讐心は帝国同盟者随一の恐ろしい子! 先日一緒に練習して確信した。ヤツは同盟者の中で一番強くなる。

     ――両国大会で帝国はさらに強大化すると

     余 そうじゃ! 余は大空スバル式羊殺し(変型背骨折り)という、ソーセージレジェンドマスターにして某夢の国のアヒルの声をしているのに咳払いがかわいすぎるチャンネル登録80万人超えの超有名人気VTuberの大空スバル姫をはじめ、技を受けた角巻わため姫、プロレスを見るのが好きな白上フブキ姫、スバル姫の母君のしぐれういママに認められた、ある意味で一番強力な技を手に入れた。ついでに両国で新兵器を手に入れ、神を殺し、IWGP世界ヘビーをも支配する。

     ――……。飯伏と戦うのはあくまでオスプレイ

     余 こまけぇこたぁいいんだよ!! 帝国との同盟を持ちかけてくる人間は今後どんどん増えるじゃろうな。今のうちに、ひれ伏せっ、愚民ども!

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7c1be0070a9514be9e6b5cbb1499465157bf3ec3

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617433091/

    C247950A-2F66-4B23-9C22-D401E114B1CF

    人気ブログランキング
    【【東スポ】グレート―O―カーンの独占インタビューに成功!!「(Xは) おそらく2年前の地獄を見てきた者だ」】の続きを読む

    1: ID:CAP
    新日本プロレス11日愛媛大会の「NEW JAPAN CUP」2回戦で、「ユナイテッドエンパイア」の
    グレート―O―カーンが矢野通(42)に惨敗。1回戦で内藤哲也(38)から収めた勝利はマグレだったことが
    証明された。

    前年度プロレス大賞MVPから大僥倖のレフェリーストップ勝ちで2回戦に駒を進めたオーカーンだったが、
    本来の実力は出場当落線上。にもかかわらず矢野から「怖いよ~、怖すぎるだろ!」とヨイショされると、
    テーピングで両手を縛らせたり、コーナーパットを外すことを許可してハンディを与えるという、見ていて
    悲しくなる単細胞ぶりが露呈された。

    奇声が耳障りなモンゴリアンチョップからアイアンクローを狙ったオーカーンは「靴を舐めるから!」という
    矢野の懇願をすんなり聞き入れ、その間に丸め込まれるなど、あまりに馬鹿正直すぎて話にならない…いや、
    試合のペースを握れない。さらに場外に転落させられると、自慢の弁髪を場外鉄柵にくくり付けられ
    リングアウト負けの危機に陥ってしまう。

    ここでオーカーンは何とハサミで自らの弁髪を切り落としてでもリングに生還するという、見苦しいまでの執念を
    発揮する。しかし人間としてはあまりにも未熟なため、怒りをコントロールすることができずに矢野めがけて
    猪突猛進。当然のようにかわされると、当面は使う予定のない粗末な急所を蹴り上げられてしまう。
    お互いの母校・日本大学の暗黒歴史でもある背後からのタックルを浴びると、NU(変型押さえ込み)で
    3カウントを奪われた。わざわざ髪を切り落とした行為が無駄骨に終わった格好だが、これまで繰り返してきた
    自信過剰な言動に天罰が下ったのだと思えばとりわけ同情には値しない。

    未練がましく鉄柵に残っていた自身の髪を持って矢野を追いかけたオーカーンはコメントブースで「オイ、矢野どこだ? 
    矢野どこだ!? ああ…余の大切な弁髪が…。どこだ!」と錯乱するばかりだった。ともあれトーナメント敗退自体は
    順当な結果であり、何なら1勝できただけでかなりの儲けもの。実力以上の舞台に立つと悲惨な結果が待っているとい
    う今回の教訓を生かし、今後は分相応をわきまえることが必要となってきそうだ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d6576c2e7834b73148d6fbb6a873625fd0fe64e1

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1615523516/

    E68A9789-F8C1-437F-9C8C-9D8239329FD4
    【【東スポ】グレート―O―カーンが自ら弁髪切り落とす愚行も無駄骨】の続きを読む

    1: ID:CAP
    新日本プロレス4日の日本武道館大会で「NEW JAPAN CUP」が開幕。「ユナイテッド・エンパイア」の
    グレート―O―カーンが内藤哲也(38)を処して2回戦に進出した。

    これまで天変地異レベルの不運が重なり続けオカダ・カズチカ(33)や棚橋弘至(44)に不覚を喫していた
    オーカーンだが、本来の実力は天下無双。今トーナメントでは優勝候補最右翼と見る向きがあっても
    おかしくないのではないかとささやかれていた。

    ましてや内藤は先シリーズの4大会を右ヒザ負傷で欠場している。百戦錬磨のオーカーンがそれを
    見逃すはずもない。場外に置いたイス上へのニークラッシャー、リングに戻ってヒザへのアイアンクローで
    つかむと、そのままエリミネーターの要領でマットに叩きつける。変幻自在な一点集中攻撃に、我々愚民は
    惚れ惚れするしかない。

    正調エリミネーターを切り返されてコリエンド式デスティーノで反撃を許したものの是非もなし。
    正調デスティーノを阻止したオーカーンは豪快無比なラリアートで形勢逆転に成功。そのまま
    脱出不可能な複合ヒザ十字固めに捕らえてみせる。内藤のギブアップを待たずしてレフェリーが
    試合をストップし、あまりにも順当すぎる勝利が確定した。

    下馬評通りの圧倒的強さで内藤を処し「弱~い! 弱すぎる。これじゃあヤングライオンに勝ったのと
    変わらねえじゃねえか、内藤! ファミレスの支払いもロクにできねえ貧乏みてえだがよ、ヤングライオンなんだから、
    もっと恰幅をよくしろ、余のように!」と御神託。完勝にもかかわらず「リベンジしたかったらちゃ~んと、
    頭を床にこすりつけてからにしろよ!」という、寛大すぎる措置も用意した。食い逃げ常習犯としてレスラーどころか
    人間失格と一部から批判を浴びている内藤とは、人格完成度が段違いのオーカーンこそ、真の皇帝にふさわしい
    存在と思えるような気がしてならない。

    NJC優勝者には4月4日両国国技館大会でIWGP世界ヘビー級王者・飯伏幸太(38)への挑戦権が与えられるが、
    開幕初日にしてその行方はだいたい決まったようなもの。それどころか前年度プロレス大賞MVPの内藤を
    完ぷなきまでに処したその強さからして、IWGP世界王座奪取、そして今年度プロレス大賞MVPの座も
    ほぼ内定したと言っても過言ではない気がする。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a9c07e4d741dd8f2a949ce00e874eb7ac6b8844b

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1614872762/

    67BA34F0-3CC2-4D94-9742-B29B28E6EFC9

    人気ブログランキング
    【【プロレス/新日本】天下無双グレート―O―カーンが食い逃げ常習犯の内藤哲也を処しNJC初戦突破! 「弱~い! 弱すぎる!」】の続きを読む

    1: ID:CAP
    東京スポーツ3/1(月) 5:15配信
    https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/njpw/2825190/

     IWGPの歴史が変わる! 新日本プロレスのIWGPインターコンチネンタル(IC)選手権(28日、大阪城ホール)は、王者の飯伏幸太(38)が内藤哲也(38)の挑戦を退け3度目の防衛に成功した。IWGPヘビー級とICの2冠統一論争を繰り広げた両雄の結果を受け、菅林直樹会長(56)は2冠王者・飯伏の希望通り2本のベルトを統一する方針を本紙に明かした。両王座の歴史を継承した新ベルト、その名も「IWGP世界ヘビー級王座」が新設される。

     イデオロギー闘争の様相を呈した2人の戦いは、激しい攻防が続いた。飯伏は左脚に集中砲火を浴びたが、デスティーノだけは許さない。コリエンド式を狙った内藤をハイキックで迎撃すると、ジャンピングニーから後頭部へカミゴェを叩き込む。最後はカミゴェ2連発で、粘る挑戦者を振り切った。

     試合後のリング上にはIWGPジュニアヘビー級王座を初戴冠したエル・デスペラードが登場。3月4日の東京・日本武道館大会での挑戦を表明すると、飯伏は「いつも言ってるから。いつでも、どこでも、誰でも。挑戦受けますよ」と受諾した。

     ベルト統一阻止を掲げる内藤を下した意味は大きかった。王者は「IWGPヘビーとICが1つになるっていうことは、内藤さんいわく、どちらともなくなるという考え。それであれば(自分は)2つとも残したい。なくすんであれば1つにしたい。2つ残したまま、1つに統一したいと思います。そこは変わらないです」と改めて意思を表明。難解ではあるものの、両王座の歴史と伝統を守った上での統一というのが現王者の理想だ。

     この結果を受け、1月5日東京ドーム大会後から飯伏が要望する統一案がついに進展を見せた。大会後に本紙の取材に応じた菅林会長は「会社サイドで協議した結果、現王者の意思を尊重して両王座を統一することを決定しました。IWGPヘビー級とICの歴史を継承した『IWGP世界ヘビー級王座』を新たに制定し、ベルトを新調します」と明言した。

     IWGPヘビー級は1987年6月にアントニオ猪木が初代王者に認定されて以降、約34年にわたり新日本の最高峰王座として認知されてきた。一方のICは2011年5月に「IWGPへの登竜門」という位置付けで新設され、歴代王者の激闘で飛躍的に価値が向上。20年1月の東京ドーム大会で、内藤が史上初めて両王座の同時保持に成功してからは2本のベルトをかけた2冠王座戦が開催されてきたが、ついにこの流れに終止符が打たれる。

     王座統一は、早ければ1日にも正式発表される見込み。菅林会長は「初代王者に飯伏選手を認定し『NEW JAPAN CUP』(3月5日、後楽園で開幕)の優勝者と初防衛戦を行うことになると思います」とも明かす。飯伏とデスペラードの武道館決戦は、例年の旗揚げ記念興行通りノンタイトルの「王者対決」として行う意向だという。

     激動の時代に大きな転換期を迎える新日本プロレス。時代の寵児とも呼ぶべき飯伏は、その中心に立ち新たな歴史を刻み続ける。

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1614553392/

    FB713F2F-F808-4CF3-ACE5-7B2CACA62B3E
    【【速報】菅林会長は「IWGP世界ヘビー級王座」新設を明言!】の続きを読む

    1: ID:CAP
    203FC496-0839-4E9B-8D65-6082C32C89CC
     新日本プロレスを支配する「ユナイテッド・エンパイア」のグレート―O―カーンの独占インタビューにまたまた成功した。1月30日愛知大会で天山広吉(49)との「敗者モンゴリアンチョップ封印マッチ」で勝利を収めると、同大会でNEVER無差別級王者に輝いた棚橋弘至(44)を試合後に襲撃し挑戦を表明。この行為がファンの不評を買い大バッシングにさらされた上に、棚橋からも挑戦は「腑に落ちない」と切り捨てられたが…。愚民どもは余の声を聞くがいい――。

    ――女性蔑視発言はさすがにかばい切れない

     オーカーン(以下・余)貴様、また誰かと勘違いしとりゃせんか? 田んぼを罰走してこい。じゃが、これだけ民の非難を受けても揺るがぬメンタルの強さは支配者向きかもしれん。帝国の特別顧問候補に考えておこう…。時に貴様! 天山戦での余の雄姿は覚えておろう。

     ――無礼をお許しください。さすがの完勝、おめでとうございます

     余 ここまで前哨戦が白熱するとは思わなかったが、当然の結果じゃ。余の格が下がるゆえ、べ、別に祝いの言葉なんかいらんぞ? 本当に褒めんでよいからな?
     ――天山はモンゴリアンチョップを失った

     余 あ…うむ。まあこのくらいせんとヤツとの戦いでは注目など集まらなかったのではないか? 余が世間に対してサービスしてやったのじゃ。是非もなし。

     ――なんと親切な…

     余 心配になって(天山が出場した)馬場興行(4日)に行ったが、哀れすぎて見てられんかったな。余は器が大きいから、ヤツが頭を下げ「帝国万歳チョップ」に名前を変えるのであれば許してやってもいいぞ。

     ――なんと寛大な…。だが棚橋襲撃は非難殺到

     余“待”ってたゼェ、この“瞬間”をよォ。棚橋が反吐(へど)の出るセリフを言うのをよォ。愚民の阿鼻叫喚が聞こえなかったのは残念だったがな。戦場にあんな甘ったるいセリフはいらんのじゃい。

     ――NEVER挑戦はまだ早いとの声も多い

     余 無礼者! いかなる理由か申してみせよ! 愚民は何と言っておる?

     ――無礼をお許しください。お前は棚橋に1・4東京ドーム大会で負けたばかりだろとか、襲っただけで挑戦できるのかとか、王座戦の余韻ぶち壊しやがって空気読めよとか…

     余 ハッハッハッ! よい悲愴感だ。これが見たかった聞きたかった。ちょうだい、ちょうだい、そういうのちょうだい、もっと。そもそもなぜ余が再戦要求を自重せにゃならんのだ。挑戦するために期間を空けなければならんルールがあるのか? ならリマッチなんぞ存在しないはずだが、何か月の“自粛期間”が必要なのか教えてみろ。

     ――1・4で勝った棚橋も早期挑戦は「腑に落ちない」と

     余 余は棚橋の過去なんぞ知らんが「順番待ちの列になんか並んでるレスラーをファンは応援したいのか?」とほざいておった気がするぞ。挑戦のための順番、期間、条件があるなら提示してみせろ。ウダウダと東スポの下っ端に駄々をこねてるんじゃねえ。会社には棚橋の献上式を要求しておいた。どう判断が下るか楽しみにしておけ。

     ――1・4で復活した棚橋のNEVERベルトを狙った理由は

     余 あくまで最低の舞台を最高のタイミングでぶち壊したまでで、ベルトに興味があって動いたわけではない。ただ帝国には今のところ美術品がないし、あのベルトも飾りくらいにはなるじゃろ。

     ――1・4の敗戦の雪辱が最優先事項だと

     余 …貴様、先程から1・4のことを何度も言いすぎじゃないか? 処すぞ? はるか昔のことなど忘れたわ。その間に余は天山殺しのTTDも手に入れ、世界一のモンゴリアンチョップの使い手であると証明し、進化を遂げたのじゃ。

     ――無礼をお許しください。次期ビッグマッチは大阪城ホール大会(27、28日)だが、そこでの挑戦を希望しているのか

     余 余にふさわしい舞台じゃ。城か…いい響きじゃのう。大阪城に棚橋の首をさらし、棚橋のベルト、献上してもらう。泣きわめく姿が目に浮かぶわ。今のうちに、ひれ伏せ愚民どもっ!

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5b9708237543581bb8bd5d2174ec1ebb4540bf14

    引用元: ・https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1612926446/


    人気ブログランキング
    【【東スポ】グレート―O―カーンへの独占インタビューにまたまた成功!!】の続きを読む

    このページのトップヘ